top of page

海の泡になって溶けてしまわないマーメードフロートについて


「海の泡になって溶けてしまわないマーメイドフロート」


















こちらは当店を多くの方に知っていただくきっかけとなった商品

マーメイドフロート(2018年9月販売開始)を溶けてなくならないように

ミニチュア化したレジン製のフェイクスイーツなのです


本物のフロートと並べてみました★  

とてもリアルに完成できたと自負しております(笑)       


















お客様の 

「マーメイドフロートを食べるのがもったいない」

「家に持ち帰って飾っておきたい、ずっと眺めていたい」


というお声からアイデアをいただいた商品ですので

とにかく本物そっくりに作る必要がありました。


ですので「フェイクスイーツでマーメイドフロートを作ろう!!」

と思いついたその日から販売に至るまでに

実に3年以上が経過してしまいました。


本物のフロートは毎日毎日量産しているとはいえ

フェイクはどうやって作るんだろう・・・

素材は?蝋??食品サンプル工場に直談判に行けばいいのか??

う~ん・・・・わからん。


そこからのスタートでした。


わからないことが多すぎるけども

一からどこかに修行に行く時間もない・・・


これは頓挫したな・・・と半ばあきらめていた時、

ほんとーーーーにびっくりな出会いがありました。


偶然も偶然!!

店主の娘の当時一番仲良しだったお友達のママさんが

スイーツデコの先生をしておられまして!!!

こちらの事情を説明すると

なんと監修を快く引き受けてくださったのでした。


そして何度もご自宅までお邪魔し商品開発の協力をしてくださいました。

(salongracieuxのYUKI様本当に感謝しております。泣。)


店主はこういうところの人脈がなぜか昔からとても恵まれておりまして・・・

(現在カフェの運営責任者のスタッフも元ママ友さんです!!)


今回も奇跡的な巡りあわせで偶然とラッキーが重なりまして

レジンフロート完成させる糸口を見出すことができたのでした。


監修をプロにお願いしているとはいえ、

自分で思いついたことだから絶対に自分で責任を取る!と

人に頼ることを良しとできない性分ですので


教えていただくばかりではなく

自分自身でもかなりの実験や試行錯誤を繰り返しました。


どうすればもっと美しくできるのか、

どうすればもっと本物の質感に近づけられるのか・・・・


フェイクスイーツ作りは未経験なので

お店ひとつ立ち上げるくらいの緊張感で研究と試作に臨みました。


そのため3年以上の制作準備期間がかかってしまいましたが

納得のいくものを作ることができました



















本物のマーメイドフロートの発売から

もうすぐ5年が経過しようとしているので

「今更感あるかな・・・」

「これ飲食物じゃないけど 本当に売れるのかな・・・」

という、ふと我に返ったような不安もありました。


自信を持ってお届けできる仕上がりにはなっていましたが

発売日初日はここ数年で一番緊張した日になりました。



















発売当日。SNSでのみひっそりと告知をしました。

ひとまずオンラインショップで数十個販売してみよう。

今日中に1個くらい売れたらとりあえずOK★としよう。


くらいに考えていたのですが・・・・


なんと!お昼間でしたがわずか10分ほどで完売しました。


3年以上の努力が報われた瞬間でした。

カフェに出勤中でしたが一人で泣きそうになっていました(笑)


その後も数十個ずつくらいのごくわずかな量の販売ですが

おかげさまで第2回、第3回の販売も即日完売となっております。


制作にかなりの手間と日数がかかるので現段階では大量生産することができません

(カフェスタッフをフェイクフロート制作に回すわけにもいかないので💦)


そんなわけで

お待ちいただいている方には大変申し訳ないのですが

気長に待っていただければ幸いです。


自分の予想を上回る売れ行きに驚きつつも

この感謝の気持ちと制作に至るまでの過程、

そしてこの商品に対しての思い入れを

どうしても伝えたいと思い、長文のブログを久々に投稿させていただきました


フロートをお買い上げくださった方

フロートを予約いただいている方

フロート制作に協力してくださったYUKI様

フロート制作の時間を作ってくれた当店のカフェスタッフのみんな


心より感謝いたします。



cafeCherish. 店主


閲覧数:330回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page